愛し隊、愛され隊。
日常の話を徒然なるままに…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
anxious
しぬかとおもった。
今回はやばかった。

風呂に入ってるのに寒気と震えは止まらないし頭ボーッとするし真面目に危ないかと思った。
過呼吸になるかと焦った。

その反動なのか、今は若干眠いです。
ホントに病院行った方がいいのかも…
スポンサーサイト
精神的=精市・神の子・素敵の略
仰天ニュース見てました。
凄い吃驚した。
やっぱり世間には自分と同じ病気を持った人っているんだなぁ…と思いましたね。
体験っつーか、アレは病気になった人しか分からない恐怖です。

※長い上に人にはあまり理解され難い暗い話です。
読まれる方は、こんな人も居るんだという寛大な心で受け止めて下さい。
また、閲覧については御自分の判断でお願いします。














昔の偉人かな?
そんな人が言った言葉に、
「その人の気持ちを理解するには、その人の立場にならないと分からない。」的なことがありました。

凄くよく当たってると思います。
さっき、過去にあった話を弟にしたら、そんな事あるわけないじゃん?というような感じの返答を受けました。
残念ながら本当なんだな~
お前の姉ちゃんは病気持ちなんだよ~

アレはホントに突然やって来ます。
凄くよくわかるよ。
だって漫才やってる時の顔が笑えてないもん。
切羽詰ると本当に笑えなくなるんだよ。
何をしてでも逃げ出したいと思うんだ。
自分でもどうしてそうなったか分かんないし、周りから見れば凄く普通なのに。
自分じゃどうしようもない恐怖に襲われて、でも誰にも分かられない。
電車の中で呼吸が荒くなるんですよ。
あ、もうこの電車事故になるんじゃないか…って。
自分だけがこんな思いをしてるんじゃないか。
友達、親友、親、先生、他人。
それになった人にしか分からない恐怖…。

一時期、自分の家でも寝られない日がありました。
自分が長年住んで暮らして時を過ごしてきた家なのに、安心できない。
寝たら、明日の朝日は拝めないんじゃないか…?
そんな事を考えた日もありました。(要するに死ぬかと思ってしまった時)
家の中で窒息状態なんてあまりなる事じゃないし、実際に事が起きても家族がいるのに、家族は気付いてくれないんじゃないか。
自分だけしか信じられない、まさにこの言葉。
無視されてる訳でもなく、ただ単純にそれの所為で、他人が信じられなくなってしまう事もしばしば…

電車の中で発作が起こった時は大抵顔が引き攣り始め、つり革とか手摺みたいに握っても潰れない物を探します。
視線が彷徨い、窓の外以外のどこかを見ようと一生懸命になります。
握り締めて、力を極限にまで込めて、唇噛み締めて痛みを自分に与えながらじっと耐え、不安と恐怖が過ぎるのを待つしかありません。
何回かのヤマがあって、段々落ち着いてくるんです。端杜の場合は。

最初は閉所恐怖症だと思ってたんですよ。その気もあるし。
他の割と多くの人もこの症状に悩まされている事を知りました。
日本人の100人に3人ですって!
結構多いですね…

苦しくて、時には死んだ方がマシなんじゃないかって思ったりする事もあるかもしれませんが、悩みを抱えている人は他にも沢山いらっしゃいます。
あなただけが抱えているのでは無いので、周りの人に理解を求めると、誰かがほんの少しでも理解してくれるかもしれません。
諦めないで!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。